年齢を重ねると変化する肌悩み

肌についての悩みは思春期から30代になる今まで続いています。悩みの種類も年齢により変化しています。
思春期の頃はやはりニキビに悩んでいました。適切なケアも分からず、ニキビを潰して悪化させることもしばしばありました。化粧を始めたてだったので、自分に合うファンデーションやクレンジング剤も把握できていませんでした。

ヴィオテラスHSCセラム

20歳を超えるとニキビはなくなっていきましたが、20代後半からシミが気になるようになりました。日焼け対策は若い頃から行っていたつもりでしたが、十分ではなかったのか、薄いシミがポツポツと出てきて、美白ケアに意識が向くようになってきました。この頃から自分の肌や年齢に合う化粧水などを探すようになったり、エステの体験に行くようになったり、スキンケアにお金と時間をかけるようになりました。

そして30代の今は、ある程度自分に合うスキンケアケアが分かってはきましたが、妊娠出産をへて、年齢も重ね、肌の老化が気になるようになりました。目尻やほうれい線のシワなどが目につきます。今は若い頃のように自分やお金を自分の肌に費やすことが難しいので、普段のスキンケアを丁寧に行ったり、食生活に気をつけたり、年齢肌との向き合い方を勉強中です。