夏の昼と夜を楽しみ方

夏は他の季節と比べて、太陽が昇っている時間が長いですよね。夕方になっても外がまだまだ明るいので、時計を見ずに外の明るさだけを頼りにして、時間を判断しようとすると意外に正確な時間を当てるのは難しいです。

子どもの頃は友達とのルールは、暗くなるまで遊ぶことでした。いちいち時計なんて見ないで遊んでいるので、他の季節よりも長く遊んでいられるので得した気分になります。

太陽が長く昇っているということは、その分だけ海や山などでのレジャーを楽しむのに向いています。自然の中でのんびりと過ごすことは良い気分転換になると思うので、それを普段の生活に戻った時の活力源として、また次の日から頑張ることができますよね。

そして、夏ならではのレジャーとして、日が沈んでしまった後でも楽しめるのが肝試しです。涼しさの方向性が海や冷たい食べ物などとは違いますが、それでも夏の暑さを忘れるには良い方法なので、夏にはやっておきたいことの1つですね。

肝試しをする時には夜ということもあって、暗い中をさらに手探りで進んでいくことも多いと思いますので、特に見えづらい足元などには充分に気を使って、怖がりながらも安全に楽しく肝試しをして頂ければと思います。