口臭の原因から改善までの実体験

口臭の原因から改善までの私の実体験です。

評判どう?アリートを実際に使った私の口コミ&効果!

接客業をしていて、ある日突然自分の口臭が気になりました。それ以来、自分の吐く息が気になり毎食後の歯磨きは勿論、口臭ケア用のスプレーを頻繁にしていました。ある日、歯の詰め物がとれてしまい歯科医で受診したところ、口臭がするとはっきり指摘を受け、正しい歯磨きの指導を受けました。口臭の原因は、長時間の空腹や胃が病んでいる等もありますが、大抵は正しく歯磨きをしていないからだそうです。食べかすが残っていると、それが腐敗して口臭の原因になるのです。

歯の磨き方ですが、歯の付け根から上の歯は下に向かって、下の歯は上に向かって、歯周ポケットの汚れを掻きだすようにまんべんなく10回ずつブラッシングします。同様に裏側も行います。場所によって歯ブラシを立てたりして角度を変えると磨きやすいです。力が強すぎるとエナメルを傷つけてしまうので注意してください。歯ブラシの後は、歯間ブラシです。各歯間を10回ずつ前後に磨きます。内側からも同様にします。次にフロスで各歯間を10回ずつ上下します。のこぎり型やY字型のフロスもあるので、自分の歯に適した使いやすいフロスを見つけて下さい。最初は時間がかかりますが、慣れると自分の歯が分かるのでテレビを見ながらでもできるようになります。最後に口内を濯ぐのですが、口に水を含み、強めに各歯間を濯ぐイメージで行います。これで終了です。食後に歯磨きができない状況でも、口内を濯いで詰まった物を取り除くだけでもかなり効果があります。就寝中が一番雑菌が繁殖するので、口臭の原因にもなる虫歯を防ぐためにも、就寝前に必ず歯磨きをすることを心掛けてください。

私はエナメル質が弱いので、医師の指導で研磨剤が含まれている歯磨き粉は使用せずブラシのみで磨いていて、最後に洗口液で口内を濯いでいます。その方が汚れの落ち具合をしっかりと確認できます。

現在は、歯科医で定期的に口内クリーニングを行い、歯科医からは口臭がしないと言われています。