お肌の劣化

私は今40歳です。

自分の中では35歳くらいから変わっていないように思っていました。

しかし、子供の保育園のお母さん達は、私より若い人が多いようです。実際見た目は何歳かわからないこともありますし、今はマスクをしているので目元くらいしか顔がわかりません。それでも、近くで会話する際に、肌がピチピチしてたり、キメが細かいことに気づきます。

少ししか見えない肌でも、年齢がわかります。

http://www.stall-bengtsson-kristoffersen.com/

私の20代の頃は、夏は思いっきり海で泳いで遊んでいました。もちろん日焼け止めを塗りましたが、塗り直す手間をめんどくさがったり、遊んだ後は疲れて、ケアせず寝る事が当たり前でした。若い頃は回復力があるので、怠慢しても大丈夫でした。

しかし、30頃からシミやそばかすが目立つようになってきました。慌ててケアしても、すぐにとれるわけでなく、あれこれ試す度に肌が赤くなって炎症を起こしました。

すると次は、化粧のファンデーションやコンシーラーで隠そうと工夫しますが、根本的なところが改善されていないとある化粧品のお店の方から助言されました。

化粧水をたっぷり肌に入れてあげるだけで全然違うことや、肌に触れる力を弱める事、水の温度に気をつけるようになりました。

すると、硬かった肌が柔らかくなり、シミも少し薄くなり、肌色が2トーンくらい明るくなりました。

自分では気づかないうちに、また年齢だからと諦め化粧品でカバーする事が当たり前と思っていた劣化した肌だったことに気づきました。

若い頃に、化粧水たっぷりとかを知っていたら、全然違ったと思います。

夏の紫外線は程よく必要ですが、完全無防備は老後の肌(たるみやシミ)の原因になります。

可愛らしい綺麗なお肌のおばさん、おばあちゃんになるためにも、若い時から気をつけていきたいですね。