カテゴリー: ヘアケア

子供にかまってばかり…髪にかまっていられません!

男子三人のママで、毎日朝から晩まで動きっぱなしの主婦です。

ノアルフレシャンプー

20代前半で長男を出産したときは、産後に少し抜け毛が…20代半ばで次男を出産したときは、産後の抜け毛&ちらほら白髪が…30代前半で三男を出産後は、産後の抜け毛&白髪&産後だいぶたってからの第二期抜け毛。

中学生の頃なんかは、髪の毛が多すぎて、美容院に行けば、いつまですいてんの?ってくらい、すきバサミでボリューム調整されていたのに。

今は、白髪も目立つし、生え際も目立つので、前髪はしっかりおろして、耳にもかけずにおかっぱヘア。

でもこの髪型だと、入浴後にしっかり乾かして、ブローしないとこれまた大変な感じになっていしまいます。

わかってはいるけど、入浴後は、三男を保湿して、着替えさして、自分の着替えが終わったら、夕飯準備やら何やら…子供にかまっていると、ゆっくり自分をみてあげることができずに、そんな状態もストレスになり、白髪や抜け毛の原因になる事ばかり。

挙句に、ゆっくり美容院に行く時間もなく、仕方なくセルフで切った前髪は大失敗…美容師さんにも「思い切ったね~」なんて笑われてしまいました。

そんな私ですが、三男の成長とともに、少しだけ自分のヘアケアに時間をとることができ始めました。さっと乾かして、洗わないトリートメントをつけるくらいだけど、それでもできていることが嬉しい!

これからも、若々しくいたいので、少しづつケアしていけたらと思います。

ある意味自我の強い!?髪質

私の髪質は毛量多め、柔らかめ、クセのないストレートです。なおストレートパーマ等はかけておりません。

周りからは髪の毛が真っ直ぐで羨ましい…と言われることもありますが、実はかなり困ったちゃんな髪質でもあるのです。

http://www.iberusbirdingnature.com/

私は自身の髪質を、「まっすぐであることの自我が強い髪質」と呼んでおります。

具体的に話をするならば、お出かけの前に髪の毛をしっかり巻いて、きっちりヘアスプレーやワックスでセットをしても家に出た瞬間にはその巻が取れてしまっていたり、ある時は美容院でパーマをかけても2日後には真っ直ぐサラサラストレートに元通り…。大変困った髪質です。

そんな中最近は、コロナ禍でマスクが必須になったために発生した悩みがあります。

前髪のある女性は同感してくださる方が多いかと思いますが、外出前に前髪を巻きますよね。コテで少し強めに巻いた後にスプレーで固定し、ふわっとした前髪の出来上がりです。

さぁ、早速外に出ようとマスクを付けたその時。

マスクにガードされ、本来噴き出される方向をシャットアウトされてしまい、必然的に上に登ってくる「鼻息」。

その熱風で、私のしっかりセットしたはずのふわふわ前髪は一気にぺしゃっと落ち込み、セット前のストレート前髪に元通り。前髪の出来がいいほど気分はダダ下がりです。コテで必死に熱を当てていたあの時間は、一体何のための時間だったのだろうか…と自分自身に問いかけます。どうにもならないんですけどね。

どんな手法を試みても、自我の強い私の前髪は真っ直ぐであることを辞めてくれません。

とうとう諦めた私は、前髪を巻かなくてもいい長さに切り揃えることでストレスから解放されました。残念ながら根本的な解決には至っていないのですが…。

マスク必須となったこのご時世に、私の前髪の巻きを守ってくれる救世主は現れないだろうか…と、祈っております。

髪質を改善したい!

中学生の頃、自分の髪の毛が周りより傷んでいるのかも?と気になりだしてからずっと髪の毛はコンプレックスです。http://bbboo.jp/

私の髪の毛は乾燥しやすいのか、いつも空気を含んだようにまとまらないし、表面が何だかザラザラしていて艶髪とは程遠いもの。

日々のヘアケアで少しは良くなってはいるものの、まだまだ満足のいく髪の毛にはなりません。

現在は週に2回インバストリートメントをして、そのうちの1回はお風呂に入る前からオイル、トリートメントを塗り込みシャンプーをしていく『リバースケア』を取り入れています。

ブラシも静電気を少なくするため猪毛のものを使用し、ドライヤーもナノケアができるものに変えました。

摩擦を極力減らすようにしながら髪の水分をタオルで拭き取ったあとにミルクをつけ、半分までかわいたらオイルを馴染ませて冷風で乾かしています。

以前よりかはだいぶ傷みは減ってきているものの、髪質が改善されている気は全くせず、逆にこれだけやっているのでさらに気に病む始末です。

以前は仕事柄、稀に芸能人の方とお会いする機会がありましたが、とにかく髪が艶々で美しい方ばかりでした。

その事もあって艶髪にはやはり憧れはありますが、どうしたら髪質自体が改善されるのかは分からないのでとても悔しいです。

最近は美容室の髪質改善コースを眺めながら必死にネットで仕組みを検索することが日課になりつつあります。