月: 2021年5月

授乳期終了後のおっぱいはまるでクリスマスの…

私はもともとはバストは大きめで、Gカップでした。高校生~20代前半のころはつんと上を向いていて自分でもきれいな形をしていたと思います。大きすぎて逆に肩こりや走ったりすると揺れることに悩んでいたくらいですので、胸が小さい、形が悪いと悩んでいる友達をみては「お気の毒ね」と思っていました。
30代に入り出産を2回経験し、2人とも完全母乳ではないもののおっぱいをあげて育てました。

ヴィアージュビューティーアップナイトブラ

そしていざ授乳期がおわったら…私の胸は見るも無惨な姿に!
ツンと上を向いていた胸のふくらみは完全になくなり、垂れ下がり、私の胸元にぶら下がっているのはまるでクリスマスに枕元に飾るくつしたのようなおっぱい!
胸にくつしたぶらさがってるのかな?って。

しかも、若いころには鎖骨のしたはバストのふくらみがあったのですが、垂れ下がってしまったので鎖骨の下のスペースにあばらがうきでて見えて、またそれがみすぼらしさを演出するのです。

ブラジャーのカップ数は今でもDかFはあるので、完全にしたに垂れ下がっているのだろうとは思うのですが、今はこれを引き戻す方法を探す旅にでているところです。
まずは、胸筋をつけて鎖骨の下の部分にあばらが浮き出ないよう筋肉をつけるために、食事の改善や筋肉トレーニングをしようと考えています。

このシミを消せるなら

「お肌の曲がり角」とはよく言うが、20代後半の頃から少しずつ肌に変化が見られてきた。肌にはハリが無くなり、小じわが増えてきた。「老化」という言葉が頭をよぎるが、もともと「肌が綺麗」と褒められることが多かったせいかあまり大事には捉えず、ごまかし続けていた。

シルクリスタの効果を辛口評価!

しかし、30代に突入したある日。気が付くと左頬に豆粒ほどの茶色いシミが出ていた。この時のショックは、言いようがない。それまでは、できるだけ肌に優しい薄化粧を心がけていたが、今回ばかりは違う。なんとかこのシミを消したくてたまらなかった。

化粧品をより高額な美白効果のあるものに変え、シミケシクリームなども試した。しかし、やはりシミは薄くならなかった。むしろ日を追うごとに、小さな粒粒としたシミが顔全体に少しずつ現れ始めているではないか。夫や友人たちは私のシミについて「言われないと気付かない」等と優しい言葉をかけてくれるが、鏡を見るたびにその存在を思い知り、ため息をつく日々。最近、若い友人にシミはレーザー治療で見事に消えるという話を聞いた。

小さいシミなら数千円で治療できると。美容整形。シミができるまでは恐ろしすぎて近寄ろうという気にもならなかったが、このシミを消せるならと心惹かれ始めている。

白髪隠しのブリーチ

40歳を過ぎ白髪が目立つようになり、いっその事白髪と同化するくらいまで髪色を明るくしようと思い、最近はブリーチをして色を抜いています。一度のブリーチだとなかなか白っぽさが出ず白髪隠しとはいきませんが、2、3度行ううちに白髪と同様の白さに近いところまで色が抜けたのでうまく白髪隠しができるようになりました。

http://www.aliancapelaescolha.org/

しかし、どうしても黄色に戻りやすい髪質で、グレーアッシュっぽくしても2、3日後にはすぐヤンキーのような黄色に戻ってしまうのが悩みです。最近では2、3日に一度、紫シャンプーを使用しながら黄ばみをなくしつつ少しずつ髪色をくすむような特殊なシャンプーも使うようになりました。

これを使うようになってブリーチ後のカラーが抜けやすい悩みが解消されました。持続性がないのがまた悩みです。2、3日に一度行って、くすんだ色が楽しめるのは1〜2日程度。

これはどうにかならないものかとシャンプーの種類を変えてみたほうが良いのかどうか、悩んでいる今日このごろです。ブリーチは白髪隠しには最適ですが、どうしても美容院への頻度も上がってしまいますし、なにより髪へのダメージが多きすぎる為、朝晩のヘアオイルも必須、髪が乾きにくかったりとデメリットも多いので悩みどころだと思います。

年齢を重ねると変化する肌悩み

肌についての悩みは思春期から30代になる今まで続いています。悩みの種類も年齢により変化しています。
思春期の頃はやはりニキビに悩んでいました。適切なケアも分からず、ニキビを潰して悪化させることもしばしばありました。化粧を始めたてだったので、自分に合うファンデーションやクレンジング剤も把握できていませんでした。

ヴィオテラスHSCセラム

20歳を超えるとニキビはなくなっていきましたが、20代後半からシミが気になるようになりました。日焼け対策は若い頃から行っていたつもりでしたが、十分ではなかったのか、薄いシミがポツポツと出てきて、美白ケアに意識が向くようになってきました。この頃から自分の肌や年齢に合う化粧水などを探すようになったり、エステの体験に行くようになったり、スキンケアにお金と時間をかけるようになりました。

そして30代の今は、ある程度自分に合うスキンケアケアが分かってはきましたが、妊娠出産をへて、年齢も重ね、肌の老化が気になるようになりました。目尻やほうれい線のシワなどが目につきます。今は若い頃のように自分やお金を自分の肌に費やすことが難しいので、普段のスキンケアを丁寧に行ったり、食生活に気をつけたり、年齢肌との向き合い方を勉強中です。

うるうるの美肌になるスキンケア!

季節の変わり目や、毎日のマスク生活でお肌乾燥していませんか?

今日はそんなお肌の乾燥ダメージを癒してうるうるのプルプルお肌になるスキンケア方法を紹介していきます!

使用するケア用品

・化粧水(さらっとしたもの)

・クリーム(油分が少ないもの)

・アイクリーム(なければ目元に塗ってもOKなクリーム)

・フェイスマスク

・オイル美容液

このスキンケアのおすすめのタイミング

・お風呂上がり後すぐ

・メイクの1時間前

しっかり保湿するスキンケアになるため、メイクの直前にしてしまうと化粧崩れの原因となります。

私は夜にこの方法でスキンケアをしています。

それでは早速スキンケア方法に入っていきます!

①化粧水を肌につける。

このとき肌に叩き込んだりはせず、コットンか手のひらを使用し優しく肌になじませていきます。

効果はどう?nicoせっけんを購入して3ヶ月間使用したアラサー女子の口コミ&評価!

②クリームを乾燥しやすいところにつける。

特に頬、顎、フェイスライン、鼻先などマスクのダメージを受けている部分に塗っていきます。

こちらも塗り込むというよりは、優しくなじませます。

③アイクリームを目の下、上まぶたに塗る。

アイクリームは目の下や目じりだけでなく、上まぶたにも優しく塗ってください。

④フェイスマスクをつける。

その日の肌の状態に合わせてマスクを選ぶと楽しいし効果的です。

マスクが乾燥しないように10分程度ではがします。

⑤オイルと①で使用した化粧水を3対1くらいの比率で混ぜ、肌に優しくなじませる。

オイルはビタミン系のオイルだと化粧水と混ざりやすいですが、完璧に混ぜ合わせなくても大丈夫です。

以上となります!

少し手順が多いですが、私はこのスキンケアのルーティンをするようにようなってから朝起きたときの肌の状態がとても良くなりました!

スキンケア後はうるうるな状態、朝起きた時はふわふわでもちっとした感触のお肌になり、朝は軽いスキンケア(洗顔→化粧水→オールインワン下地)でも化粧崩れせず、マスクで肌が荒れることも本当に減りました。

是非みなさんも試してみてください!

コロナがもたらした私の口臭問題

コロナでマスクの着用が当たり前の生活になってから約1年半、気になりだしたことがある。それは自分の口臭だ。http://www.alt-base.jp/

私は身なりや清潔感には人並み、もしくはそれ以上気を使っている方だと自負している。もちろん、このマスク生活が始まる前から口臭にも気は使ってきた。しかし私がこの記事で言いたい口臭問題とは、他人へのではなく、自分自身への影響だ。

今までの私の口臭ケアといえば、フリスクやミントが効いたガム、時にはマウススプレーであった。しかし最近はブレスケアの一択だ。私が思うにこれらの違いは、前者は即効性で口の中に爽快感をもたらし同時に臭いを解決してくれる、後者は臭いの根本を胃から解決することのように思っている(実際のところ何の根拠もないので私の心持ちだけのような気もするが)。そして口臭予防の観点から、何よりも大きな変化をもたらし影響を受けているのは、私のランチ事情だ。

あるとき、会社の先輩とマーラータンを食べたのをきっかけに私のランチ事情の変化が訪れたように思う。食べた直後は大好きなマーラータンを食べたことで、満足感と幸福感でいっぱいだったのだが、30分もすると違和感が訪れた。マスクの中が独特な香辛料のニオイで不快なのだ。何ともたとえずらいが非常に臭かった。さっきまで幸福感に満たされていたはずなのにその日の午後中、ずっと不快感に苦しめられた(もちろん歯磨きは何度もしている)。その日を境に、私はお昼に大好きなマーラータンを食べていない。マーラータンだけでなく、すき家のニンニク牛丼やタイ料理などのある種独特な香りを放つ食べ物は食べれなくなった。正確には食べれるのだが、その勇気と辛抱強さがない。

コロナで多くの変化を強いられることになったが、私に最も身近で、かなりの影響を今も受けているのはマスクによる自分の口臭問題のように思える。おそらくまだこのマスク生活が続くと思うと、今後この問題をどう乗り切るべきか非常に悩ましい。

開ききった小鼻の毛穴

現在、22歳ですが 高校生3年生の頃から鼻の周りの毛穴の汚れが気になり気になっては指で押し出し、汚れを掻き出すということを4年間程続けています。最初は毛穴の汚れがなくなり毛穴が綺麗になってると思っていましたが気づいた頃には毛穴が広がり所謂イチゴ鼻のようにとても目立つようになりました。

アスハダの最安値通販は?

やってはいけないと分かっていますが、それでも、気になる時はにゅるっと汚れが出る感覚が忘れられずにやってしまいます。そんな中、毛穴を可能な限り広げずに汚れを掻き出せる方法が他にもないのか調べていたところ、専用の押し出し棒を使用する方法やサロンで毛穴吸引してもらう方法があることを知りましたが、少しお値段が高いようなのでなかなか踏み出せません。

口コミを見ても、その時は毛穴が綺麗になっても数日立つと毛穴がが開き目立つようになるため、間隔を開けずに定期的に行わなくてはならないことも分かります。

仕事上、サロンに定期的に通う時間もないですし、経済的に継続していけるか分かりません。このように、小鼻周りの汚れを落とすことができて、尚且つ開いた毛穴を今より閉じさせることがてき、経済的で家でも簡単に行える方法はないか探しています。

おでこや顎周りのニキビ

おでこのニキビと顎周りのニキビが酷くて悩んでいます。?

薬用スクラボは効果あり?購入して使用したアラサー女子の口コミ!

おでこのニキビは、思春期の頃から赤く炎症した痛みのあるニキビができたり治ったりを繰り返しています。?

顎周りのニキビは、20代に入ってから頻繁にできるようになりました。?

顎周りのニキビもおでこのニキビと同じような、赤く炎症した痛みのあるニキビです。?

思春期の頃は皮脂分泌が盛んだったので、とにかく皮脂を取り除くケアのみを行っていました。?

洗顔を丁寧に行って皮脂を取り除き、その後のスキンケアは全く行っていませんでした。?

すると余計に皮脂が分泌されベタついて悪循環になってしまいました。?

20代に入ってからは、美容に興味を持ち初めて多少知識も身につけ始めたので、優しく洗顔をすることはもちろんですが、その後にスキンケアを丁寧に行うことが大切だと思い自分の肌質に合わせたスキンケア商品を選んで、保湿を丁寧に行うようにしました。?

するとおでこのニキビは多少落ち着いてきました。?

しかし、顎周りのニキビはあまり変化は見られません。?

スキンケアだけではなく、ストレスや生活習慣の乱れなどが原因で顎周りのニキビは出来てしまうことがあると知ったので、外からのケアも丁寧に行う必要があると思いました!

イチゴ鼻との闘い

10代の頃から鼻の毛穴の角栓が目立ち、イチゴ鼻との闘いがかれこれ20年以上続いている状態です。http://www.orlodelmondo.net/

もともと肌質が汗っかきでオイリー肌。そのためか毛穴が開き、黒ずんだ毛穴が目立って鏡を見るたびがっかりします。

でも、あんまりお金をかけた対策をしたくない、できれば楽ちんにコスパの良い物で解決したいと思い続けて今もほどよく闘い続けています。

10代の頃はもっぱら毛穴パックでごっそり除去し、採れた角栓や汚れを見て楽しんでいました。しかしそれもやり過ぎて肌が荒れてしまったため断念しました。

そして社会人になって多少の財力が増えたところで化粧で隠す技を身につけました。コンシーラーで隠したところで浮き出てきますけどね。厚塗りして崩れて厚塗りして…の悪循環で結局毛穴は汚れがつまりイチゴ鼻に拍車をかけただけとなりました。

あと、蒟蒻スポンジ、ウォーターピーリングなどお風呂に入りながら毛穴の掃除ができる点が気にいって試しました。これらは肌のザラザラ感がなくなりツルツルになったのでかなり好感触です。黒ずみは多少減った気もしました。

結局しっかり化粧や汚れを落とす事が大切なんだと感じ、クレンジングオイルは万単位のかなり良いものを使うようにしました。

それでも長年蓄積された黒ずみは消えませんのでこれからも程よくイチゴ鼻対策をしていきたいと思います。

少しずつ負荷をかけながらダイエットしました

私は様々な手段を試し、ダイエットに成功しました。ダイエットを始める際、いきなり自分を追い込むのではなく、まずは自分の出来る範囲で腹筋やランニングのトレーニングに励みました。具体的に腹筋は30回から始め、余裕が出来てから50回と増やし、最終的に100回まで持っていきました。ランニングの方では1~2キロ程でスタートし、少しずつ距離を伸ばしたり、勾配のある坂道を利用するようにしました。元々、学生時代にサッカーをやっていたこともあり、自分の体に負荷をかけたり、ハードなトレーニングを行い、自分を追い込むことには慣れていました。

http://takaiwa.moo.jp/

続けていくうちに、自身の心肺機能が高まっていることが確認出来ました。トレーニングの強度を上げていくと体もきつく感じますが、ここを超えていけば目標達成に近づくと意気込み、継続することが出来ました。

一方で、生活習慣の改善も実践しました。早寝早起き、暴飲暴食の見直し、バランスの良い食生活などあらゆるカテゴリーで改善点を見つけ出し、修正してきました。これらの活動を約1ヶ月程、続けていくと体重が減少しました。大きな達成感を感じましたが、リバウンドしないよう、このあとの行動が重要だと認識しておりました。その為、なるべく歩数を増やしたり、空いている時間帯を見つけて腹筋やランニングなど取り組むようにしています。

ムダ毛処理は脱毛サロンが一番!

私は長年ムダ毛処理に悩まされていました。

辛口評価!パイナップル豆乳ローションプレミアム愛用者のネット上の評判や私の口コミをご報告!

毎日カミソリで両脇を剃るという習慣を約10年続けていました。

ただ、少しでもその手間を省けるよう、様々な種類の除毛クリームも試してみたのですが結局どれも効果がありませんでした。

それでカミソリで剃り続けていたわけですが、しかし、剃れば剃るほどどんどん脇が汚くなっていきました。

きれいにするために剃り続けていたのに、黒ずみはじめてきたのです。

そうなると両腕を上げるのも気になるようになりました。

私はダンスをしているので、夏だけでなく、年中タンクトップなど脇の見える服装をしています。

衣装ともなれば脇が見えるものばかりです。

でも、汚くなった脇を人に見られるのが嫌で、腕を上げなくてはいけない振付の時でも思いっきり上げられず躊躇してしまう時期がありました。

そこでやっと脱毛サロンに行く決心をし、約2年半の間毎月通いました。

そしたらみるみるうちに脇がきれいになっていったのです。

永久脱毛をしてもらったため、毛が生えてこなくなったのはもちろん、カミソリで傷みつけることもなくなったので弱っていた傷ついた肌がどんどん回復していったのです。

きれいになると、脇が見えるどんな服装も気にせず着こなせるようになりました。

腕を上げる時も何も気にせずに上げることができます。

もっと早くから脱毛に通っておけばよかったと心から思いました。

もし今ムダ毛処理で悩んでいる方がいたら、少しでも早く脱毛サロンに通い始めることをおすすめします。